不用品で自治体の回収してくれないものを業者に依頼する場合

さてどういう形で自治体に出せないものを処分できるか

自治体が回収してくれないものの行き先

自治体が回収を拒んだものの行き先はたいてい不法投棄になる場合が多いです。
近年は件数、場所も増加しつつあり、いまや大きな社会問題になっています。
ではきちんと処分する方法は無いものでしょうか。
産廃物回収業者に出す方法もありますが、なかなか引き取ってくれるものとくれないものの区分けが細かく、非常に面倒な場合が多いと聞きます。
それでも取ってもらうに越したことはないので、ありがたい存在なのですが、断られてしまったものはやはり不法投棄の憂き目にあってしまうのでしょうか。
町で間やってくる不用品引取り屋に出すという方法もありますが、彼らのほとんどは無許可業者で、値段も吹っかけられる場合も多いというトラブルを聞きますので、これは避けたほうが無難でしょう。

どのように処分、回収すればよいか

ではどうやって不用品の類は最終的に処分したらよいのでしょうか。
やはり最終的には不用品回収業者に依頼するといった形になると思います。
これにはいろいろあって、個人が無許可でやっている場合と、企業が自治体の認可を受けてやっている場合に分かれます。
本来は認可を自治体から受けないと回収業者はできないことになっています。
もちろん個人でも自治体から認可を受けている人もいます。
なるべくでしたらきちんと認可を受けている業者から回収してもらったほうがトラブルも少ないですし安心度が高いと思います。
ただ個人の場合は格安で引き取る業者も中にはいるので、こちらもチェックは必要かもしれません。
どちらもタダでは引き取ってくれないのでリスクは当然かかってきます。


▲ TOPへ戻る